国際教育センター ユニバースアカデミー

〒885-0078 宮崎県都城市宮丸町3038

Phone. 0986-26-1874 | Fax. 0986-26-1878

イングリッシュ幼児園の基本理念

人を愛し世界の平和を願う人に
堅固な精神と体力と知力をもつ人に
実行力に富み、責任をもてる人に

イングリッシュ幼児園の考え方

イングリッシュ幼児園では・・・Good morning ~Good bye まで、全てネイティブの先生による英語で教育を受けます。

指導するネイティブの先生は発音・アクセントになまりのないアメリカ・カナダを中心とした国の先生で勿論全員が当園の専任教師です。

子供達への愛情たっぷりの人格、教養共に優れた先生を厳選して採用しています。

1991年の創立以来、これまでの園児たちが、そしてその卒園生たちがすばらしい成果を残しています。

英語圏の子供たちがみんな英語をしゃべれるように、当園の園児たちは「英語」を特別視することなく日本語と同じように単なるコミュニケーションツールとしてとらえています。

ぜひ見学においでください。目の前にある別世界に驚かれることでしょう。

『英語ばっかり?』日本語や、常識は身に付くの?

A.勿論です。イングリッシュ幼児園では「日本語」の時間も設けています。子供達は日本語でも英語でも自由に選んで会話します。

近年、英語の早期教育よりも母国語である日本語が先ではないかとか、いや英語は早いうちに身につけた方がいい、英語を学ぶより英語に対するイメージを育てた方がよい、・・・などと巷で様々に議論されるようになりました。

また文科省学習指導要領も改定され、いよいよ小学校に英会話が「教科」として導入されることになりました。

ただそれ以前に英語に対する考え方として押さえておかなければならないことがあります。

生まれて間もない子供達には自分は「日本語」で教育されているという意識は全くありません。私達大人も昔こどもだった頃、生活の中で言葉を当たり前に使ってきました。それは「日本語」という意識はなく単なるコミュニケーションの道具でした。それが英語であろうと日本語であろうと関係なかったのです。

つまり「日本語」か「英語」かという議論をすること自体がイングリッシュ幼児園ではあり得ないのです。もともと英語と日本語を区別していない子供達にわざわざ意識をさせる必要がないのです。机上論ではなく現場での実践に裏打ちされた教育システムであり、感情を含んだ当たり前の英語の世界、この環境こそ最高の語学教育の場であると確信しております。

より理想とする「本物」の環境を当たり前に与えてあげることで、結果的に発想が豊かになり、物事のとらえ方も多彩になり、そして本物の「ことば」としての英語が身に付きます。英検等においても自然に無理なく、当たり前に合格していくのもうなずける話です。

※ご家庭では正しい「日本語」で教育してください。

イングリッシュ幼児園ではご家庭では正しい日本語で教育(特にしつけ面)して欲しいとお願いしています。

当園でも日本人先生は日本語で指導します。自然体を基本に、大切なのは何を学ぶのかということ。

人を大切にする心、平和を愛する心、忍耐力、等、人として基本となることを本物の環境で育てていきます。

環境が人を育てる・・・!だから・・・

だから本物の環境をつくった。それが「イングリッシュ幼児園」です。Good Morning から Good Bye までが全て英語の世界。ごく自然に。ごく当たり前に。園児達は本物の、言葉としての英語を身につけていきます。

言葉を覚えだす2歳児の柔らかい脳は、飲み込みが早い!
当たり前の英語の世界で、 自然に体が覚えていきます。
英語は、これからの国際社会では必修、これが出来ると
様々な場で大変有利になります。

「環境が人を創る」

国際化する社会と共に豊かな時代に生まれた子供達は最先端の教育を受けられ短時間で目に見える成長を遂ることができ、 その分将来を背負って ゆく存在として大きく期待されます。同時に彼らも周りの期待に応えるべく将来を夢見て日々努力してゆくことでしょう。

ただ、そんな彼らに期待したいことは、見せかけの技術だけでなく「本物」の「力」を身に付けて欲しいということです。

豊かな環境が周りにあって便利ではありますが同時に「辛さ」も知りながら成長していって欲しいのです。

では何を与えてあげるかという話になります。

各家庭により考え方は様々でしょうが、この国際化の時代に真っ先に必要になってくるものと言えばまず「英語」は欠かせません。 しかもこれまでのような勉強の形ばかりではなく「生きた英語」の習得は絶対条件です。

英語は、世界の共通語として使用され、世界で最も広い範囲で話されている言葉です。世界語としての英語の重要性は増すばかりです。

ではどのような方法がベストなのでしょうか。イングリッシュ幼児園は1991年に創設、どこにも前例のない時代に先陣を切ってこの世界を作り上げてきました。それは机の上だけでなく、丁度私達大人が言葉を覚えたように幼少期から本物の 英語の環境で育つという方法です。

ほめられるときも叱られるときも感情が入った生きた教育があって初めて「生きた言葉」も習得します。

その「生きた環境」を作るべく、より良いものを求めて1991年、この社会福祉法人ユニバースアカデミーを設立しました。 現在ユニバースアカデーは理想の教育環境を求めて、「イングリッシュ幼児園」「英会話指導」「受験対策英語教育」、 そして心の育成を目的とした体験型学習プロジェクト「キッズユニオン」の4つの部門で今世紀の主人公育成活動を実施しております。

「留学」という考え方

都城に引っ越して来られませんか?

アパート・マンション探しのお手伝いもできます。

これまで宮崎市・鹿児島県・福岡県・京都府等から入園のために 引っ越して来られた方も多くいらっしゃいます。

親子で毎日アメリカまで留学している!のと同等です。

引っ越す価値は十分すぎるほどです。この教育環境は子供が幼児期である「今」だから有効です。子供への投資は一生涯の贈りもの。

都城は、賃貸料も都会に比べて遙かに安く引っ越す価値も十分あると考えます。

『あの子は特別だから・・・』ウチのコでも大丈夫?

A.ご安心下さい。どんなお子様でも大丈夫です。

日本語を話せない日本人もいなければ、 英語を話せないアメリカ人もいません。もともと英語も日本語も特別な物ではないのです。私達大人も生まれてから自然に会話している中で当たり前に言葉を覚えてきました。ここイングリッシュ幼児園では様々な場面を通して英語の環境を作っています。一日まるごと英語の世界。勿論指導するのはアメリカ・カナダのネイティブの先生達です。生きた環境の中に生きた言語の指導、この「当たり前」の指導法が、自然に楽に英語を理解し、しゃべれるレベルまで育てていきます。

ですから誰でも(低年齢ほど有効)英語を言葉として扱えるようになるのです。いよいよ幼稚園を卒園していくときに、子どもに何かをつかんで卒園させたい気持ちは、子どもを大切に思う親ほど考えることでしょう。同じ幼稚園時代を過ごさせるなら、一生涯残る、価値あるプレゼントを贈ってあげませんか?

次のようなご家庭なら、イングリッシュ幼児園で十分に子育てライフを楽しんで頂けることでしょう。

  • 子供の将来のことを冷静にしっかりと考えていらっしゃるご家庭
  • 子供の成長を喜びとし、子育てを楽しみたいと考えられるご家庭
  • まわりや世間の動きに惑わされず、自分の目と耳で確認されるご家庭
  • 幼児期を無駄に過ごさせたくないご家庭
  • 前向きなご家庭
  • などなど・・・

価値ある子育てライフを一緒に楽しみませんか。

良くある誤解とご質問

Q:親も英語を話せないと入園できないと聞きましたが本当ですか?
A:それは全く間違った情報です。
園ではご家庭との連絡を取ったり子供たちの様子を伝えるために日本人先生がクラスに常駐しています。特に「ご家庭では正しい日本語で教育してください。」とお願いしています。すべてに敏感な幼児期ですので「本物」を与えてあげましょう。当園の中でも日本人先生が英語で園児に指導することは敢えてしておりません。
Q:子供達には全部英語で話させるのですか?
A:まず理解して頂きたいのが子供達には「英語」とか「日本語」とかの区別が基本的にありません。
自分が何語を話しているのかでさえ意識していません。ですから敢えてこれは日本語だから話してはいけないとか強制すること自体が根本的にありえないのです。日本の家庭で日本語で教育するのは当たり前で、そこにいちいち「日本語で・・・」ということが出てこないのと同じです。イングリッシュ幼児園では外国人先生が英語で全てを指導していきます。子供達同士では英語も日本語も好きな方をしゃべりますが、外国人先生とは自然に英語で、日本人先生とは日本語で会話します。「日本語」とか「英語」とかの区別を意識し始めるのはだいたい年長児ぐらいからです。
社会福祉法人 ユニバースアカデミ-
〒885-0078宮崎県都城市宮丸町3038
TEL: (0986)26-1874 / FAX: (0986)26-1878
IP: 05034023355

このページの先頭へ